ロココスタイルとは?その歴史や特徴を解説します♪

「ロココスタイル」とは、マリー・アントワネットのような華やかな装飾が
施されたスタイルのことを言いますわーい (嬉しい顔)
18世紀の女性たちをとりこにしたロココスタイルですが、
その歴史や特徴をご存知でしょうかexclamation and question

今回は、ファッションにおける「ロココスタイル」について
解説していきたいと思いますぴかぴか (新しい)

ロココスタイルの歴史


「ロココスタイル」というと、ルイ16世やマリー・アントワネットの時代を
イメージするかもしれませんが、太陽王と呼ばれたルイ14世の時代から
流行していたスタイルですぴかぴか (新しい)

そもそも、「ロココ」とはバロック様式に続く美術様式のことを言います。
「バロック」が重厚で荘厳なイメージであるのに対して、
「ロココ」は、繊細で優美なイメージひらめき
初めの頃は、建築のスタイルとしてロココスタイルが広がりましたが
やがてファッションもロココスタイルへと移行していくのです。

ロココスタイルの特徴

18世紀当時のロココスタイルは、コルセットという下着で締め付けることで
ウエストの細さを強調したスタイルが特徴です目
さらに、両脇に張り出したパニエという下着を着けて
スカートを膨らませていました。
また、レースや刺繍、リボン飾りなどがふんだんに装飾された
優美で華やかな雰囲気も、ロココスタイルの特徴ですわーい (嬉しい顔)

ロココスタイルはパステルカラーがポイント

映画などでもよく知られているように、ロココスタイルが流行した
18世紀ごろは、パステルカラーが流行していましたるんるん (音符)
華やかなファッションも、ピンクや水色、淡いグリーンなどのの生地で
仕立てられていたのですひらめき

まとめ


今回は、ファッションにおける「ロココスタイル」について
解説しましたが、いかがでしたでしょうかexclamation and question
ウエストを締め付けたり、スカートを人工的にふくらませたりと、
現代のファッションでは考えられないスタイルですが、
パステルカラーやレース、リボンなどの装飾は、現代のガーリースタイルと
通じるものがありますよね。
普段のファッションにも、「ロココ風」なテイストを取り入れてみては
いかがでしょうかウィンク