Rcawaiiの洋服レンタルを利用する

レディースのオフィスカジュアルはこれで決まり!もうこれで迷わない!

きちんとした格好であると同時に、カジュアルさを合わせもつ「オフィスカジュアル」というスタイル。

会社や業界、職種によってオフィスカジュアルの定義がまちまちであるため、何を着ればよいのか迷いますよね。

ビジネスシーンの服装において一目置かれるためには、オフィスカジュアルならではのポイントを抑える必要があります。

ただ、高価なファッションアイテムでコーデを固める必要はありません。

ポイントさえ抑えれば、ユニクロで買えるようなアイテムでも、おしゃれに見えます。

今回の記事では、

  • レディースのオフィスカジュアル基本ルール
  • オフィスカジュアルにおけるNGポイント
  • 春夏秋冬それぞれのお手本になるおすすめコーデ

を紹介していきます。

レディースのオフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアル パンツスタイル おすすめコーデ

オフィスカジュアルとは、オフィスで仕事をするのにふさわしいカジュアルスタイルのことを指します。

かっちりしたフォーマルすぎず、かといってカジュアルすぎず、適度にバランスのとれた服装がオフィスカジュアルなのです。

勤めている会社の業種や職種によってもオフィスカジュアルの定義が変わります。

ひと昔前は会社規定の制服やスーツの着用を義務付けられる会社もありましたが、最近ではオフィスカジュアルを認める会社が増えてきましたので、自由にコーディネートできるようになりました。

一方で、オフィスカジュアルの登場のせいで、どんなコーディネートをすればいいのか迷う人も増えているかと思います。

「ブランドもので身を包むのも違う気がするし、カジュアルすぎるのも職場にふさわしくない…」

このような思いを持つ方もいます。

レディースのオフィスカジュアル基本ルール

オフィスカジュアルの基本的な考え方・ルールとして、以下の点を抑えましょう。

  • 相手に不快感を与えない
  • 親しみやすさを大事にする
  • 会社の雰囲気に合わせる

大切なのは、一緒に働く方へのホスピタリティ・おもてなしの気持ちです。

相手に違和感や不快感を与えず、一緒に働いていて心地よさを感じるような服装が、オフィスカジュアルです。

それぞれ解説していきます。

相手に不快感を与えない

オフィスカジュアルで最も大切にしたいのが、相手に不快感を与えないという点です。

相手に服装への違和感や不快感を与えなければ、少なくともあなたに対してネガティブな感想を持つことはありません。

一方、露出の激しい服装などのようなコーディネートをしてしまうと、オフィスで働くにおいてふさわしくないと見なされ、「TPOをわきまえられない人」という烙印まで押されてしまいかねません。

相手に不快感を与えないような、オフィスで働くのにふさわしい服装にしましょう。

親しみやすさを大事にする

親しみやすい服装であることも、オフィスカジュアルにおいて大切です。

個性的な服装であったり派手な色使いの服装は、プライベートでのファッションにおいては自己表現としていいかもしれませんが、オフィスカジュアルの観点では親しみやすさに欠けます。

一方、スーツのようなフォーマルな服装だと、かっちりしすぎてしまいます。

適度に崩れたカジュアルな服装が、周囲の方に親しみやすさを与えます。

会社の雰囲気に合わせる

オフィスカジュアルは会社や業種、職種によって定義や見え方が変わります。

そのため、会社の雰囲気に合わせたカジュアルさが必要になります。

例えば金融系の仕事であれば、黒やネイビーなどのシックな服装をすることで、カッチリした印象を出した方がいいですし、IT業界などであれば明るめの服装で遊び心を表現したり、など会社の雰囲気によってオフィスカジュアルの中身は異なってきます。

周囲の人をよく見て、会社の雰囲気にマッチするようなコーディネートにしましょう。

レディースのこんなオフィスカジュアルはNGです

レディースのオフィスカジュアルにおいて、こんな格好はNGです。

  • 露出しすぎ、または身体のラインが出すぎ
  • 派手な色使い
  • カジュアル過ぎる服装

これらの格好の共通点は、一緒に働く人に対する見られ方の意識やホスピタリティが欠けているという点です。

オフィスカジュアルにおいてNGになるポイントは、仕事中には避けるようにしましょう。

具体的に見ていきます。

露出しすぎ、または身体のラインが出すぎ

露出の多い服装や、身体のラインが出すぎな服装はビジネスシーンにはそぐわないです。

オフショルダーのトップスやミニスカート、ショートパンツなどが当てはまります。

また、スカートの下にストッキングなどをはかずに生足でいるのも控えた方がいいです。

このような服装は、周囲の特に男性社員にとっては目のやり場に困り、TPOをわけられない女性なのか、と思われてしまう可能性があります。

そのため、過度の露出や身体のラインが出る服装は避けた方が無難です。

派手な色使い

色使いが派手なコーディネートも避けるようにしましょう。

派手な色の服装、ビビッドカラーのコーディネートはビジネスの場としてはふさわしくありません。

また、アニマル柄や色のコントラストの強い服装も、悪目立ちする可能性がありますので、控えるようにしましょう。

特に40代の方がこのような服装を職場でしてしまうと、TPOをわきまえられない人として、白い目で見られてしまうなんてことも…。

なるべくベーシックカラーのコーディネートをし、控えめな服装にするように心がけ、ビビッドカラーなどはプライベートにて楽しみましょう。

カジュアル過ぎる服装

オフィスカジュアルだからといって、カジュアルすぎる服装もNGです。

ジーンズやスニーカーなどが当てはまります。

企業によってはスニーカーOKの会社もありますが、カジュアルな服装にスニーカーを合わせると、カジュアルになりすぎる、といわれています。

20代の女性の方などがこうした服装をすることがよくあるかもしれませんが、ビジネスシーンではラフな格好は控えた方がいいです。

テーパード素材のパンツやパンプスを活用すれば、カジュアルさの中にも上品さを保つことができるのでおすすめです。

【春夏】快適に過ごすためのオフィスカジュアルお手本コーデ

それでは、春・夏のオフィスカジュアルのお手本のコーデ集について紹介していきます。

春夏のオフィスカジュアルの服装を考えるにおいては、

  • ゆとりのあるアイテムでリラックス感を出す
  • 通気性の良い素材選びで涼しく
  • 羽織りものがあると重宝

という点を意識すると、うまくコーディネートすることができます。

気候が暖かくなっていく春~夏にかけては、ゆとりのあるアイテムと通気性の良い素材を使うことで気温の変化に対応することができます。

とはいっても、夜はまだまだ涼しい日もありますので、羽織りものがあると便利です。

それぞれ解説していきます。

ゆとりのあるアイテムでリラックス感を出す

気温が高くなっていく春~夏においては、タイトな服装よりも、ゆったりとしたアイテムを選び、リラックス感のある服装が好ましいです。

色合いも、ホワイト、ベージュ、ブラックのアイテムを活用し、シンプルな色使いにすると、リラックス感がでます。

トップスはシャツ、カットソー、ブラウスが定番アイテムです。

ボトムスについては、会社が堅い業界である場合はパンツの方が無難ですが、ある程度服装について緩い業界・会社であればフレアスカートなどゆったりした服装の方がリラックス感が出ます。

通気性の良い素材選びで涼しく

気温が高くなっていく季節なので、通気性の良さもアイテム選びにおいて欠かせないポイントです。

湿度も高くなっていくので、通気性が良くないと汗をかいてしまい、蒸れたり疲れの原因になっしまいます。

通気性の良いアイテムを選べば、暑くなっていくシーズンでもリラックスして涼しく過ごすことができます。

例えば、スリーブニット×フレアスカート(ロングスカート)の組み合わせや、ブラウス×パンツの組み合わせは、通気性もあり、涼しく過ごすことができます。

羽織りものがあると重宝

特に春先においては、朝と夜に急に冷え込んだり、シャツやブラウスだけでは寒く感じてしまう日もあります。

そんな時に、羽織りものがあるととても重宝します。

ベージュやグレーのジャケットは、色合い的にも春の明るいイメージに合い、カッチリした感じが出過ぎず、かといってカジュアルすぎず、バランスの良いアイテムです。

夜の急な冷え込みにも対応できるので、ジャケットは春~夏コーデにおいて重宝するアイテムです。

【秋冬】快適に過ごすためのオフィスカジュアルおすすめコーデ

秋~冬を快適に過ごすためのオフィスカジュアルコーデ集についても紹介していきます。

気温が大きく下がり、冷え込んでくる秋~冬にかけては、以下のことを意識するようにしましょう。

  • ショートブーツで足首まで暖かく
  • タイツ・ストッキングでしっかり防寒
  • マフラー・ストールで首元を保温

室内と室外とで温度差が激しくなる冬は特に、防寒対策は必須です。

足首、足元、首元まで、冷えやすい部分をしっかり覆うことが大切です。

それぞれ具体的に解説していきますね。

ショートブーツで足首まで暖かく

特に冬に入ると冷え込みが厳しくなりますので、足首まで温めるようなコーデが好ましいです。

パンプスなど、春~夏によく使う靴だと、足の甲がむきだしになっており、秋~冬の防寒には不向きです。

ショートブーツなどのように、足首から足の甲までしっかり覆えるような靴を着用するようにしましょう。

ただし、膝まで隠れるようなロングブーツは、ビジネスシーンとしてはそぐわないです。

アンクルブーツやブーティなどのようなショートブーツであれば、オフィスカジュアルとして適切です。

タイツ・ストッキングでしっかり防寒

ショートブーツなどで足首まで温かくしたとしても、脚全体が防寒されていないと、秋~冬の肌寒さに耐えられません。

タイツやストッキングなどで脚全体も覆うようにして、防寒対策をしっかりしましょう。

ただし、網状のタイツやカラータイツなど、個性の強いアイテムはオフィスカジュアルとしてはNGです。

ビジネスシーンにおいては、黒や紺、グレーなどのシックな色か、ベージュ、肌色のタイツやストッキングをはくようにしましょう。

マフラー・ストールで首元を保温

冬は室内と室外とで温度差が激しくなりますね。

特に営業職のように外出する機会の多い女性の方は、防寒のためにもマフラーやストールは必須です。

マフラーやストールの色合いについても、ビビッドカラーなど個性の強い色合いはできるだけ避けた方が無難です。

黒やネイビー、ベージュなど、ベーシックカラーのマフラーがおすすめです。

秋から冬にかけては、全体のコーディネートが暗めな色合いになりがちなので、コーデ全体に合わせる場合は黒やネイビーのマフラーで合わせ、アクセントを加えたい場合はベージュ系のマフラーを使いましょう。

おしゃれなオフィスカジュアルを着るにはアールカワイイがおすすめ

おしゃれに着飾ってオフィスカジュアルを楽しみたい方は、Rcawaii(アールカワイイ)がおすすめです!

Rcawaiiでは、500種類以上ものブランドの中から流行最先端の服を借りることができます。

月額制のサービスですが、月額6,800円から借り放題です。

また、プロのスタイリストがあなたの要望に合わせてコーディネートを見繕ってくれるので、プロの視点であなたにぴったりのアイテムを揃えてくれます。

交換回数月1回のプランだと、月額6,800円で1回3着まで借りられるため、ネット通販などでコーディネートを全部揃えるよりもお得です。

Rcawaiiを使って、おしゃれにオフィスカジュアルのコーデを楽しみませんか?

はじめの1ヵ月間0円キャンペーン実施中!
ファッションレンタルのアールカワイイ
カテゴリー:
関連記事