Rcawaiiの洋服レンタルを利用する

物を持たない暮らしとは?必要な物だけ持つ、シンプルライフの魅力や方法について

現代社会を生きるすべての方は、欲しいものはお金さえあれば手に入ってしまう環境にあります。

だからこそ、必要のないものまで買ってしまい、買った後に後悔することもありますよね。

洋服、本、化粧品などなど、本当に必要なものは、実はそんなに多くありません。

女性に限らず、本当に必要なものは限られています。

だからこそ、近年「断捨離」という言葉をよく耳にするのだと思います。

最近では、必要最小限の、本当に必要なものだけに囲まれて生きる「ミニマリスト」という生き方をする人も増えています。

今回の記事では、物を持たない暮らしについて解説していきます。

この記事を読めば、

  • 物を持たない暮らしのメリット
  • 物を持たない暮らしを始めるコツ
  • ミニマリスト的な生き方を長続きさせる方法

について理解することができ、気持ちにも部屋のスペースにも余裕を持った生き方を実現することができます。

サーキュラーエコノミーとは?

物を持たない暮らしについて知る前に、サーキュラーエコノミーという考え方を理解しましょう。

サーキュラーエコノミーとは、循環型経済のことを指します。

従来は、物を作り、それを流通させ(購入し)、いらなくなったら廃棄する、という経済活動の流れがありました。

ところが近年、環境問題への配慮などが取り上げられることが多くなりました。

このままだと、経済発展が持続可能ではなくなってしまう、そういった考え方から、サーキュラーエコノミーが提唱されるようになりました。

サーキュラーエコノミーでは、これまでのReduce(減らす)、Reuse(再利用)、Recycle(リサイクル)という概念をさらに進め、製造の段階から原材料の再利用を前提としており、究極的には廃棄ゼロの世界を目指しています。

サーキュラーエコノミーの考え方では、サービスを「持つ・所有する」のではなく、「利用する」ものと考えます。

作っては捨て、というライフスタイルではなく、必要なときに必要な分だけ利用し、不要になったら捨てるのではなく次に必要な人に渡すというライフスタイルを実現させようとしています。

物を持たないシンプルライフのメリット

ミニマリストのように物を持たない生き方をするメリットは多いです。

  • 掃除がらくになる
  • 心と時間にゆとりができる
  • 本当に必要なものを理解できる
  • 浪費が減って、お金が貯まる
  • フットワークが軽くなり、やりたいことに挑戦しやすくなる

極限まで荷物を減らす暮らしを実現すると、上記のようなメリットを体感できます。

不必要な物が少なくなるので、物の管理がとても楽になり、掃除がしやすくなります。

洋服などを選ぶ時も、必要な物しかないので選ぶ時間を削減することができ、時間にも精神的にも余裕が生まれます。

物を一度減らすと、その状態をキープしたくなるので、不要な物を購入しなくなります。

そのため浪費が減り、お金が貯まりやすくなります。

また、物が最小限になると引っ越しなどのフットワークもとても軽くなり、やりたいことに挑戦しやすくなります。

ミニマリスト的な生き方には、メリットがとても多いのです。

「物を持たない暮らし」を始める際のコツ

メリットがわかり、物を持たない暮らしを始めたい方にとって悩みになるのが、どうやってミニマリスト的な生き方を始めればいいのか、という点です。

ここでは物を持たない暮らしの始め方のコツを紹介します。

  • 「手放す」ことに慣れる
  • 同じ用途のアイテムを処分して、物を減らす
  • 一日一個なにかを処分してみる
  • 無理に処分する必要はない
  • 「いつか使うかも」は一生使わない
  • 「本当のお気に入り」を少しだけ持つ

これらの点を意識すると、必要最小限の物で暮らしやすくなります。

具体的に解説していきます。

「手放す」ことに慣れる

まずは「手放す」ことに慣れましょう。

服や本など、一度購入してからなかなか使う機会がないものの、いざ手放すとなると、急にもったいなく感じることもあります。

捨てる際に葛藤を感じるかもしれませんが、心を切り替えて、まずは手放す・捨てることに慣れるようにしましょう。

今の時代はメルカリやジモティーなど、フリマアプリなどで不用品の処分をする手段はいくらでもあります。

フリマアプリを活用するなどして、まずは「手放す」ことに慣れるようにしましょう。

また、物がありすぎてどこから手をつければいいかわからない、と悩んでいる方は、家の中で一番お気に入りのスペースから着手することを心がけましょう。

お気に入りスペースにある物をすっきり片づければ、物を捨ててすっきりすることに満足感を得ることができます。

特にお気に入りのスペースがない、という方は、躊躇なく捨てることができるものから手放していけばOKです。

同じ用途のアイテムを処分して、物を減らす

同じ用途のアイテムを処分することで、一気に物を減らしましょう。

衝動買いをして、気づけば似たような用途のアイテムが増えている、なんてことありませんか?

特にキッチン周りでは、同じ用途のアイテムが積み重なってしまう可能性が高いです。

同じ用途のアイテムを捨てるのと同時に、複数の用途を兼ねるアイテムを取り入れるようにしましょう。

1つのアイテムで複数のことができれば、必要な物はどんどん少なくなり、結果物を少なくすることができます。

一日一個なにかを処分してみる

一日一個、なにかを処分してみる習慣づけをしましょう。

断捨離を決意してものを捨てようと思い立ったはいいものの、あまりにも物が多いと、どこから手を付ければいいか途方に暮れてしまいます。

そんな時は一気にすべてを行うのではなく一日一個捨てる、など小さなノルマを設定して、少しずつ処分していくようにしましょう。

先ほど紹介したようにメルカリやジモティーなどを活用して、一日一つ出品する習慣をつけるようにすれば、少しずつ物を減らすことができます。

また、新しく何かを購入したらその分一つ新しく何か捨てる、などマイルールを設定し、物が増えないように工夫しましょう。

無理に処分する必要はない

どうしても物を捨てるのに抵抗感のある人は、無理に処分する必要はありません。

変にストイックに物をどんどん捨てようとすると、それはそれでストレスが大きくかかってしまい、満足感が得られません。

無理せずに、あくまでも捨てるのは「不要」だと判断したもので大丈夫です。

捨てるかどうか躊躇してしまうというものについては、いったん自分の目に入らないところに隠す、というのもアリです。

他にも捨てる基準として、

  • そのアイテムについて語れるか
  • 今後1年以内に必ず使うか

など、基準を設けると良いですね。

「いつか使うかも」は一生使わない

物を捨てられずに取っておく心境として、「いつか使うかも」という気持ちがあるかもしれません。

ところが、その「いつか」はやってきません。

試しに、部屋のクローゼットに眠っているアイテムを見てください。

「いつか使うかも!」と思って残しておいたアイテムは、実際に使いましたか?

そうではないことが大半だと思います。

  • つい最近使った
  • 今後1年以内に使う可能性が高い

など、実際に使ったか使う予定が確実にあるか、で判断するようにしましょう。

そうでないと、いつまでも断捨離を進めることができません。

「本当のお気に入り」を少しだけ持つ

「物を持たない暮らし」は、何も物を持たないのか、と想像する方もいると思います。

そうではなく、ミニマリスト的な暮らしは、「本当に必要なもの・お気に入りなものは何か」を大切にします。

断捨離を進めていく中で、本当に自分に必要なもの、好きなものは残っていきます。

そうして残ったものをより大切に扱っていくために、物を捨てる、と考えるようにしましょう。

また、物だけでなく今後の自分の生き方や目標・目的などを整理することも、物を持たない暮らしには大切です。

目的や目標に関係ないものはできるだけ所有しない、という考え方をしていけば、思考もクリアになり、心に余裕が生まれてきます。

「物を持たない暮らし」を長続きさせるポイント

物を持たない暮らしを開始したら、今度はそれを継続して長続きさせる必要があります。

長続きさせるには、

  • 「1つ買ったら1つ捨てる」ことを心がける
  • 新たに買わないようにする
  • 自分にとっての「足るを知る」

ことを肝に銘じるようにしましょう。

断捨離を進めて物の整理がすんだら、その状態を長くキープする必要があります。

これら3点を意識すれば、物が不必要に増えることもなく、長続きさせることができます。

具体的に見ていきます。

「1つ買ったら1つ捨てる」ことを心がける

新しいものを何か購入したら、持っている何かを捨てるようにしましょう。

一度整理して、新しく何かを購入するとしたら、それは「必要」だから購入したもののはず。

新しく1つ物が増えるので、似たような用途のアイテムなどを捨てるようにして、物が増えないようにバランス調整をするようにしましょう。

この習慣を怠ってしまうと、あっという間に部屋がまた物であふれかえってしまいます。

せっかく断捨離をした努力が水の泡になってしまいます。

ミニマリスト的な生き方を実現するには、1つ買ったら1つ捨てることは鉄則だと思いましょう。

新たに買わないようにする

そもそも、なるべく新しく物を買わないように注意しましょう。

特にこれまでネット通販やウィンドウショッピングなどで衝動買いをした経験のある方は注意です。

物を持たない暮らしを実現したいならば、見てしまうとどうしても欲しくなってしまうので、ネット通販などは見ないようにしましょう。

もし万が一「買いたい」となってしまった場合は、一度立ち止まって、この物は、「必要」なのか、ただ「欲しい」のか、考えましょう。

本当に必要であれば、購入すると同時に何か1つ捨てればいいですし、ただ「欲しい」だけならその物は見送るようにしましょう。

これを心がけるだけで、不要なものが今後増え続ける心配はなくなります。

自分にとっての「足るを知る」

自分にとっての「足る」を知ることは、物を持たない暮らしをするのに必須の考え方です。

要は、「何が本当に必要な物なのか、何があれば満足なのか」を考えることです。

ミニマリストのように物を持たない暮らしは、本当に必要な物・お気に入りな物に囲まれて暮らすことです。

本当に必要なものを知ることが「足るを知る」ことにつながります。

それ以上を欲しがることは、ミニマリスト的な生き方にそぐわないです。

もし新しく物が欲しくなってしまったら、「足りている」状態を思い出すようにし、原点に戻るように心がけましょう。

物を持たない暮らしにはアールカワイイがオススメ

物を持たない暮らしを実現するには、Rcawaii(アールカワイイ)がオススメです。

サーキュラーエコノミーの概念にて説明しましたが、物を持たない暮らしを実現するには、物を「所有」するのではなく、「利用」することを考えるべきです。

それを後押ししてくれるのが、Rcawaii(アールカワイイ)です。

月額6,800円を支払えば、1ヶ月3着の洋服が毎月届きます。

500種類以上のブランドの中からプロのスタイリストが見繕って選んでくれるので、自分の志向にあったものを送ってもらえます。

1か月後にはその洋服は返却する必要があるので、部屋の物は増えることはありません。

Rcawaii(アールカワイイ)を通して物を所有せず利用するようにすれば、物を持たない暮らしを快適におくりやすくなるので、ぜひ活用してください!

はじめの1ヵ月間0円キャンペーン実施中!
ファッションレンタルのアールカワイイ
カテゴリー:
関連記事